製作工程

フレークロボットの製作工程

「フレークロボ」の図面

今回は松田商店様にFAXでイラストと簡単な仕組みを頂きました。それを元に図面を書いて行きます。左の写真が図面を書いたものです。 このとき出来るだけ要望に沿うように書いてゆきます。左手のレバーを下げるとプラスチックのフレークが出るという仕組みです。イラストではボディーが円柱でしたが仕組み上、無理があるので今回は四角形にしました。

「フレークロボ」の製作実験

この写真が大まかに製作をして実験をしているものです。図面に書いても思いどうりの動きにならない場合があるため実験を行います。今回は子供たちが使うということで,レバーを必要以上に動かす点で不安が出てきたため,仕組みの検討して再度製作しなおしました。

「フレークロボ」のボディー製作

仕組みが成功したらボディーの製作に取り掛かります。出来るだけ軽くするため6mmのベ ニヤにパテをつけてボディーにしました。

「フレークロボ」のボディー製作2

次に全体が組みあがったらサーフェィサー(液状パテ)を塗ります。ベニヤの継ぎ目に気を つけながら何度か、小キズをけして行きます。

「フレークロボ」のボディー組み立て塗装

次に塗装に取り掛かります。ガンスプレーでボディー全体をシルバーに塗装します。

「フレークロボ」の完成

最後にパーツを組み立 てて完成。仕組みは胸からプラスチックのフレークをあらかじめ入れておき、正面右側の腕のレバーを下げるとお腹の出口からプラスチックのフレークが出てく るものです。

これらの製作物は有限会社T&Tまたはお客様の著作物です。複製、無断利用を禁止します。

製作工程
ティーアンドティーのブログ製作のの情報はブログでも更新してます。
有限会社ティーアンドティー
住所
栃木県 鹿沼市 酒野谷248
tel: 0289-60-1143
fax: 0289-60-1144

mail:home@t-and-t.co.jp
画面の最初に戻る